首都圏在住の釣り人が行く関東近県の船釣りの錘号数まとめ一覧

Pocket

最近、船釣りに行く機会も増えてきました。

それに伴い、新しい釣竿が欲しくなり今まで使っていたシマノのライトゲームBB82HMよりワンランク上の物が欲しくなりました。

ライトゲームBBを買った時の記事はこちら

テンヤタチウオ、マルイカ、アマダイで使える汎用性の高いおすすめ先調子竿を購入しました
先日、テンヤタチウオに行って8:2の先調子竿がものすごくほしくなってしまいました。 東京湾横須賀走水の教至丸で秋のテンヤタチウオ釣りでドラゴンゲット とは言え、テンヤタチウオ専用竿を買うほど、そればっかりやるわけでもないですし、...

魚種ごとの専用竿も捨てがたいのですが、やはり汎用性が高い竿が良いですよね。

保管場所も取りませんし。

そこで、気になったのが錘号数

一体何号から何号の負荷の竿を買えば一番汎用性が高いんでしょうか?

普段自分が行く釣りものに対応している号数を買えって話ですが、毎年毎年、色々な釣りに興味が出て来てしまう釣り人も多いはず。

そこで、自宅がある八王子市から行けるであろう、関東近県の釣り船をざっと調べて、主な釣りものと錘号数をまとめて見ました。

関東近県の船釣りの錘号数

まずは、都道府県別に調べていきましょう。

最後に、一覧表があるので、結果だけ見たい人は最後までスクロールしてくださいね。

調査に使ったのは船釣り.jpです。

東京都の主な釣りものと錘号数

東京都の船宿から出ている主な釣りものと錘号数です。

東京湾奥の船宿になり、主な釣り場は江戸前と言われる東京湾の奥です。

横須賀付近まで行くこともありますが、そちらは神奈川県の項目でまとめます。

いつか湾奥の船宿で天ぷら船から夜景を見ながらの屋形船に乗りたいです。

LTアジ40号ビシ

シロギス15号

エギタコ25号

タコテンヤ50号

アナゴはツリガネオモリ20~25号

カサゴ15~20号

メバルはカサゴと同じか10~20号

参考にした船宿、深川吉野家和彦丸かみやえさ政釣船店

神奈川県の主な釣りものと錘号数

神奈川県の船宿から出ている主な釣りものと錘号数です。

神奈川県は東京湾、相模湾に面しており、船宿も豊富

当然、釣りものも多種多様です。

まずは、東京と被りますが東京湾側から

ショウサイフグはカットウ錘10号~20号

マゴチはルアーが一般的ですが、エビを餌にするサイマキマゴチという釣り方で三日月錘15号

スミイカは中通しオモリ10~15号

しゃくりマダイ(東京湾奥)30号

コマセ真鯛(東京湾口)ビシ80号

エビメバル25号

イシモチ25~30号

ここまでは東京湾内という事で軽めの錘が続きますね。

テンヤタチウオ40~50号

天秤タチウオ40~80号

LTタチウオ30~40号

アジはビシ130号

この辺は流れの早い走水や観音﨑で釣るので錘も重いです。

カワハギ25~30号

マルイカ30~80号

アマダイ60~80号

LTアマダイ40号

イサキビシ40号

ワラサビシ80号

アカムツ200号

スルメイカ120~150号

LT深場(三浦半島)は200号

オニカサゴ120号

アカハタ20~30号

メダイ50~80号

イナダ・ワラサは30~50号

メジマグロ・カツオは80号~ビシ120号

ハナダイ(コマセしゃくり)は30~50号

タコエギ40~50号

LTヒラメ25~50号

キンメ・ムツ五目250~350号

カサゴ20~30号

ホウボウ30~40号

LT根魚(LT深場)150号

アコウダイ300号

ムギ・スルメイカ120号

ヤリイカ120号

多いですね、釣りものも釣り船も

参考にした船宿、新明丸打気屋釣船店一之瀬丸関義丸やまてん丸平作丸登喜丸喜平治丸えいあん丸福栄丸五エム丸太郎丸多希志丸庄三郎丸豊漁丸おおもり丸坂口丸富丸誠いち丸

千葉県の主な釣りものと錘号数

千葉県の船宿から出ている主な釣りものと錘号数です。

房総半島の先端は八王子からはちょっと遠いので、内房か外房でも北の方を中心に調べました。

意外にも千葉県の釣り船は今までヒラメしか行ったことがありません。

【外房飯岡長五郎丸】ゼロテン釣法で3㎏オーバーの巨大ヒラメをゲットした春の平目釣り
冬の寒さも緩くなり、花粉が飛び始めるころ 千葉県銚子市の飯岡漁港にある長五郎丸さんで、外房のヒラメ釣りに行ってきました。 ホスピタリティの高い飯岡長五郎丸 長五郎丸さんは初めて利用したんですが、とにかく素敵な船宿でした。 スタッ...

アカムツ・クロムツ200号

沖メバル150号

ヒラメ80~100号

LTヒラメ40~60号

ハナダイ・アジは30~40号

フグ20号~25号

ヤリイカ150号

スルメイカ150号

アカイカ30~60号

ホウボウ60~150号

イサキはビシ60号

オニカサゴ200号

テンヤ真鯛15号

カモシ釣りマダイ・ヒラマサ100号

エギタコ15~30号

ヒラマサ100号

アラ200~250号

シマアジ60号

エビスズキ5~10号

参考にした船宿、政勝丸三浦丸梅花丸幸丸長栄丸力漁丸第三松栄丸源泉丸不動丸第二美吉丸良和丸ひらの丸浜新丸

茨城県の主な釣りものと錘号数

茨城県の船宿から出ている主な釣りものと錘号数です。

茨城県も千葉県と同じ太平洋側の港から多くの船が出船していますね。

こちらもいつか行ってみたいところ

アカムツ120~150号

オニカサゴ200号

アラ150~200号

シロギス20~30号

メヌケ350~500号

LTヒラメ30~60号

ヒラメ60~100号

テンヤマダイ10号

ヤリイカ120~150号

スルメイカ60号

ゴウドウイカ(アカイカ)60号

タチウオ60~100号

メバル60~100号

フグ30~40号

ハナダイ50~60号

カレイ40~60号

アジ60号

イナダ80号

タコエギ60号

参考にした船宿、仁徳丸丸天丸桜井丸大栄丸弘清丸きよ丸岡重丸

静岡県の主な釣りものと錘号数

静岡県の船宿から出ている主な釣りものと錘号数です。

最後に、関東からは外れますが、自分が良くいく沼津付近の船宿について少し調べました。

手漕ぎボートが乗れなかった時に、乗合船に急遽乗る場合もありますしね。

タチウオ80号

LTタチウオ30〜60号

ヤリイカ・ムギイカ・マルイカ60~80号

アカムツ150~180号

沼津の名物、マダイなどもあるのですが、ネット上で仕掛けを公開している船宿がほとんどありませんでした。

調べてみるとコマセ真鯛だと80~100号のカゴを使う場合が多いようです。

参考にした船宿、伊勝丸鈴竹丸

関東近県の船釣りの錘号数まとめ

まずは、主な釣りものと重り号数のまとめの表

釣りもの 錘号数
メバル、ショウサイフグ(東京湾) 10~20
スミイカ 10~15
シロギス 15~30
サイマキマゴチ・テンヤマダイ 15
カサゴ(東京湾) 15~20
アナゴ 20~25
フグ(太平洋) 20~40
カサゴ(相模湾) 20~30
エギタコ(東京湾) 25
エビメバル 25
イシモチ・カワハギ 25~30
LTヒラメ(相模湾) 25~50
しゃくりマダイ(東京湾) 30
LTタチウオ 30~40
イナダ・ワラサ 30~50
ハナダイ 30~60
マルイカ・アカイカ 30~80
LTアジ 30~40
LTアマダイ 40
カレイ(太平洋) 40~60
イサキ 40~60
タコエギ(相模湾) 40~50
テンヤタチウオ 40~50
LTヒラメ(外房) 40~60
天秤タチウオ 40~100
メダイ 50~80
シマアジ 60
アマダイ 60~80
ホウボウ 60~150
コマセ真鯛・イナダ・ワラサ 80
ヒラメ 80~100
メジマグロ・カツオ 80~120
ヒラマサ 100
オニカサゴ 120~200
ムギイカ 120
ヤリイカ・スルメイカ 120~150
アカムツ・クロムツ 120~200
アジビシ 130
沖メバル 150
LT深場 200
アラ 200~250
キンメ・ムツ 250~350
アコウダイ 300
メヌケ 350~500

最小で10号から、最大で500号まで幅がありますね。

主な釣り物と重り号数

この中で、自分が主に行く釣り、または行きたい釣りは・・・

釣りもの 錘号数
メバル、ショウサイフグ(東京湾) 10~20
スミイカ 10~15
シロギス 15~30
テンヤマダイ 15
アナゴ 20~25
エギタコ(東京湾) 25
イシモチ・カワハギ 25~30
LTタチウオ 30~40
ハナダイ 30~60
マルイカ・アカイカ 30~80
LTアジ 30~40
LTアマダイ 40
テンヤタチウオ 40~50
LTヒラメ(外房) 40~60
天秤タチウオ 40~100
シマアジ 60
アマダイ 60~80
コマセ真鯛・イナダ・ワラサ 80
ヒラメ 80~100
オニカサゴ 120~200
ヤリイカ・スルメイカ 120~150
アカムツ・クロムツ 120~200
アジビシ 130
LT深場 200
キンメ・ムツ 250~350

黒太字が過去に行ったことがある釣り物、赤太字がこれから行ってみたいと思っている釣りものです。

こうして書くと、オモリ負荷40号以下のライト系の釣りものに偏っていますね。

買うべき釣り竿

まず、毎年行っているタチウオ、アマダイ、マルイカ

昨年行って楽しかった外房のヒラメ

今後行ってみたいハナダイなどで使えるオモリ負荷50号前後の竿を当初の予定通りシマノライトゲームBBからグレードアップしたいです。

狙っているのはダイワのアナリスターシリーズのライトゲーム竿

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥21,114 (2024/06/13 04:45:44時点 Amazon調べ-詳細)

そして、ショウサイフグ、シロギス、アナゴなどで使える、オモリ負荷30以下くらいのライト系の竿が欲しいですね。

ただ、フグやアナゴは独特なので、汎用性の高い竿があるかどうか・・・

後は、オモリ負荷100から250くらいの深場用の竿があれば、自分が行きたい釣りはほとんど対応できそうです。

まとめ

首都圏から行ける範囲での釣りものと重り号数だけでも、これだけ違うことがわかりました。

かなり幅があり、自分がやりたい釣りに合った釣竿を購入、たまにしかしない釣りはレンタルと割り切って行かないと中々お財布には厳しくなりそうです。

同じ魚でも季節や場所によって使う錘が違ったりと、釣りの面白さでもあるんですが、準備するのは大変ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました