管理釣り場で大物トラウトをゲットする裏技的ルアー「鱒ノ華」

Pocket

きれいな川にたくさんの魚が泳いでいる管理釣り場(エリアトラウト)

自然豊かな環境で釣りを楽しめるので、私もよく行くのですが、よく目を凝らしてみると大物が何匹か泳いでいますよね。

狙って釣りをしてみますが、釣れるのは小型ニジマスばかりっていう人も多いんじゃないでしょうか?

エリアトラウトで大物を狙うのは結構難しいんですが、大物釣りのコツを伝えたいと思います。

エリアトラウトで大物を狙うコツ

当ブログでも何度か紹介している「うらたんざわ渓流釣場」は大物の魚影が濃いことで有名です。

地元八王子の「北浅川恩方ます釣場」も定期的に大物の放流をしています。

ストリーム型エリアトラウト完全攻略「北浅川恩方ます釣場」
ストリーム型エリアトラウト完全攻略「北浅川恩方ます釣場」 前回に引き続き八王子の北浅川恩方ます釣場に行ってきました。 北浅川恩方ます釣場でトラウトリベンジ成功 前回は5時間のうちに一人で8匹釣り上げ、エリアトラウト三回目に...

都心から近い「フィッシングフィールド中津川」や静岡県の「すそのフィッシングパーク」など、大物が狙える管理釣り場は結構多いです。

水がきれいなところなら大物をサイトフィッシングすることもできるんですが、経験豊富な大物は手ごわく、なかなか釣れませんよね。

実は大物を釣るコツがあるんです。

経験豊富な大物を狙う時は慎重に

当たり前ですが、大物トラウトは身体の大きさに比例して長く生きています。

長生きな分、経験も豊富なんです。

過去に釣られそうになって痛い思いをしたことも多いはず

当然警戒心は強いです。

ここで気を付けてもらいたいのが、魚釣りの当たり前のことしっかりとすること。

  • 自分の影が水中の大物に見えないような立ち位置にすること
  • 不用意に物音や話声を立てないこと
  • ラインを含め慎重なタックル選びをすること

どれも魚釣りでは当たり前ですが、養殖の魚がウヨウヨいる管理釣り場では疎かになりがちです。


見えてる魚からはこちらも見えている、不用意に近づいてはいけない

だって、ワイワイ騒いでいても普通サイズのニジマスならある程度釣れますからね。

ですが、大物狙いならしっかりと気を配りたいところです。

エサのサイズにこだわる

次にエサとなるスプーンなどのサイズ

この考え方は2パターンあります。

まず、水が澄んでいてい大物を直接狙える場合

この場合は、捕食しやすいように小さないサイズのルアーをチョイスしましょう。

飲まれる危険性もありますが、とにかく大物を釣りたいのであればマイクロスプーンでOKです。

身体を動かすのに多くのエネルギーを使う大型ニジマス等の大物はあまり大きな餌に食いつくことは少ないです。

一口で丸呑みできるくらいのサイズが反応いい場合が多いですね。

次にサイトフィッシングができない場合

どこに潜んでいるかわからないけれど大物を狙いたい場合は、逆に大きめのルアーで狙いましょう。

小さいスプーンやルアーでは通常サイズのトラウトばかりが釣れてしまうので、これらがかからないくらいのサイズに上げてやるといいです。

やる気のある大型ニジマスやタイガートラウトなら小魚系のルアーにアタックしてくることも多いので、やや大きめのミノーやクランクベイトがおすすめです。

寅年初釣りはうらたんざわ渓流釣場で縁起がいいタイガートラウトからスタート
寅年初釣りはうらたんざわ渓流釣場で縁起がいいタイガートラウトからスタート 1月1日元旦にうらたんざわ渓流釣場に釣り初めに行ってきました。 よく通る道志道沿いにあるうらたんざわ渓流釣場に行くのは二回目ですが、魚影が濃く、大物もいて...

大型の棚は小型トラウトよりも下の事が多いので、そういった意味でも重さのある大きめのルアーやスプーンがおすすめ


5gスプーンで釣れたタイガートラウト

裏技ルアーで食わせる

レギュレーションの範囲内であることはもちろんですが、反則ものの裏技ルアーを使うのも手

セニョールトルネードやぐるぐるX、鱒ノ種などネットで調べれば効果抜群の反則ルアーはたくさん出てきます。

実際に、どれがいいかはその場所や個体によって違うので、何種類か買ってみるのもいいでしょう。

created by Rinker
ZacT craft(ザクトクラフト)
¥595 (2024/07/22 07:12:13時点 Amazon調べ-詳細)

個人的には「鱒ノ華」が最強

なかでも私がおすすめなのがダイワの「鱒ノ華」

重めのスプーンくらいの重量があるフェザー系のルアーで、フライよりも早く沈むんですが、これを地面をズルズル引きながら巻いてくると魚の反応がピカイチです。

サイトフィッシングできる場合、大型ニジマスの目の前あたりまで引いて来て、一度停止すると興味を示して、地面からパクリと拾い食い

すかさず合わせればめでたく大物ヒットです。


鱒ノ華で釣れた45cmのニジマス

季節や場所にもよりますが、「鱒ノ華」が個人的には一番大物を狙いやすいですね。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥861 (2024/07/22 07:12:13時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

誰もが憧れる大物トラウトですが、狙って釣るのは難しいですよね。

それがエリアトラウトの醍醐味でもあるんですが・・・

「鱒ノ華」を紹介しましたが、全部のルアーを使ったことがある訳でも無いですし、もっといいルアーもあるかもしれません。

探してみるのも楽しいかも。

そして、ぜひスプーンで大物を狙って釣ってください。

反則ルアーではなく王道のスプーンで大物をゲットできればあなたも立派なトラウトマスターですよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました